« ツボだらけ~Part② | トップページ | お客様の声 ~スリランカより~ »

2017年3月 8日 (水)

? ジビエ料理 !

最近、広告や折り込みチラシ等で「ジビエ料理提供致します」「ジビエカレーあり

ます」の文字を目にすることはありませんか?地方のほうが食べる機会が多いので

しょうか?

 


ジビエ? ジビエ料理? 地備恵料理? いったいどういう漢字を書くのかなと

ずっと
気になっていました。

ジビエとは、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味するフランス語 gibier 

ということを知りました。ヨーロッパでは伝統料理として古くから発展してきた

食文化ということです。
全ての部位を余すことなく料理に使い、生命に感謝を

捧げようという精神が流れていて、山野を駆け巡り大空を舞った天然の肉は、

脂肪が少なく引き締まり、栄養価も高いそうです。日本では、シカ、イノシシ、

野うさぎなどがあげられます。
まさに森からの贈り物。

 




個人的には、ジビエ料理に関して、“食べず嫌い”を自覚していて、どうしても、

イノシシ、シカなどの動物画像が食する前から脳裏に現れて箸がつけられないので

す! 
(それでは、どうして、牛、豚、鶏肉は食べられるのか?)

一度、知人からジビエ料理を少々頂いたことがあります。その主は狩猟の免許を

お持ちで、自らその狩猟した肉を調理するということです!(退職後の趣味の

時間らしい)
頂いた品は、大変美味しそうに見える、イノシシ肉のミートローフ

でした!
イノシシ肉?と知っただけでもう・・・・・bearingweep

「臭みはないし美味しいですよ」
と言われたのですが・・・。

Photo_2

ジビエ料理が森からの贈り物。それに対して、Fucoidanをはじめとする、


海からの贈り物
は全て大好きですが!………


本当は、森から海から大自然から賜る恵みをバランスよく食べられることが


最高なのでしょう。食事は毎日のことですから、とても大切なものだと痛感


しています。

 


しかしながら、自ら山野で狩猟をし、その肉の手料理で客や自らをもてなすとは、


スローライフ!
の優雅さを感じるしだいです。
diamond

  

ラ・メールwave

« ツボだらけ~Part② | トップページ | お客様の声 ~スリランカより~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2310452/69851245

この記事へのトラックバック一覧です: ? ジビエ料理 !:

« ツボだらけ~Part② | トップページ | お客様の声 ~スリランカより~ »