« 見てますよ!! | トップページ | 床屋さん »

2017年2月27日 (月)

ビスケット と 保存食 

明日、2月28日が 「ビスケットの日」ということを ご存知ですか?


全国ビスケット協会が
1980年(昭和55)年に制定したそうです。

1855年、パンの製法を学ぶために長崎に留学していた水戸藩の柴田方庵が、ビスケット

の“保存のきく食糧”という点に注目し、その製法調査を命じられたとのこと。オランダ人か

ら学んだビスケットの作り方「パン・ビスコイト製法書」をその年の2月28日に水戸藩に宛て

て送った史実があるのがいわれとのことです。

 

ビスケット、クッキー、・・と聞くと、何となくその形や硬さ風味などを想像できますが、本来の

英語圏では日本でいうところのクッキーとビスケットの区別はなく、英国ではビスケット、米

国ではクッキーと呼ぶと考えていいようです。

 

ラテン語のパーニス・ビスコクトゥス(「2度焼いたパン」の意味)

                 ↓

フランス語のビスキュイ(「2度焼く」の意味)

                 ↓

英語のビスケット

 

が語源のようですが、いずれにしても2回もしっかりと焼いて保存食として用いられたのが


始まりと考えられています。
クラッカー、サブレ、ラスク、乾パンなども、ビスケットに


含まれます。

Photo_2
   クラッカー

Photo_3

                        サ ブ レ 

Photo_4

      乾 パ ン



皆様の防災用の保存食の備えは大丈夫ですか?


我が家では、以前から「乾パン」をリュックサックに入れて定期的に新しいものと買い換えて


備えています。私の小学校時代には、遠足の時、学校から「袋入りの乾パン」を配られたこ


とを覚えています。現代の小学校では、そういうことはないでしょう?!

 


そして、日本のビスケットと言えば、煎餅ではないでしょうか?


煎餅を保存食にしたい方には、5年間保存可能な缶入り煎餅が購入できます。


日本式ビスケットがお好みの方にはお薦めです。

Photo
                     保存食用 煎餅


来月3月11日は東日本大震災発生から6年、4月14日は熊本地震から1年が経ちます。


防災用のリュックを再チェックしてみようと思っています。


ラ・メール 
wave

« 見てますよ!! | トップページ | 床屋さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2310452/69747649

この記事へのトラックバック一覧です: ビスケット と 保存食 :

« 見てますよ!! | トップページ | 床屋さん »