2016年9月29日 (木)

秋を快適に!八女矢部村まつり! 

昨日に引き続き、福岡筑後地域で開催されるおまつりを、もう一つ紹介させていただきます。



柳川市の「おにぎえまつり」は10月ですが、八女市矢部村の「矢部村まつり」は11月の


第3・第4
(土)・(日)のおまつりです。





八女市矢部村は大分県に近い山間部の村です。国道442号線沿いにある矢部川源流公園


で村一番のイベントが行われます。コケッコ競鶏レース・丸太きり競争・ヤマメ・ニジマス釣り


の他、地元の新鮮な農産物直売・露店がたちならびます。


メインのイベントは、八女津媛(やめつひめ)神社に伝わる「八女津媛浮立(ふりゅう)」という


舞が披露されることです。この神社は「八女の名前発祥」の地と言われています。
sun

Photo
                     八女津媛神社と本殿の横の巨大な岩穴




日本全国、山間部や村の過疎化が言われていますが、それぞれの地域の歴史や伝統が


継承されていることを知ると、安堵の気持ちが広がります。




矢部村で美味しい空気と紅葉の季節を味わうだけでも、リフレッシュできるかもしれません。
maple


Photo_2
                      奥矢部と県営の日向神(ひゅうがみ)ダム

2016年9月28日 (水)

おにぎえまつり



こんにちは(*´▽`*)

昨日まではまだまだ真夏のような暑さでしたが

福岡は昨夜より秋雨前線の影響ですっごい雨量と雷ですcrying



秋といえばお祭りが多くなってきますね♡

先日のスタッフブログに続き、本日も私の地元のお祭りを紹介します✨

福岡県の柳川駅より徒歩5分の場所に三柱神社があります。

柳川に秋の訪れを告げる三柱神社秋季大祭「おにぎえ」の名前は、

「大賑わい」からきています。

おにぎえは毎年10月第2土・日・月(祝)に行われております。

今年は10月8・9・10日!!

山車から大きく身を乗り出した踊り手が、お囃子とともに

独特の踊りを繰り広げる「どろつくどん」さん。この方々が中々怖い!!

般若やお多福、天狗などの面をつけて舞う、その踊りは、

人間の心にある善悪、喜怒哀楽を表現しているそうです♪

Dorotuku2


Dorotuku3


お囃子の間の「シャギリ」という大太鼓とドラの激しいリズムが踊り手をさらに鼓舞し、

競演会は祭りの見所となっています!! 中々の迫力です。

ぜひ、実際に迫力ある祭りを体感してみませんか?

 

そしてお祭り中は昼夜「どんきゃんきゃん」という鬼さん達が

町中を歩き回り、レストランや家にもはいってきますΣ( ̄ロ ̄lll)

Donnkyann


Donnkyann2

子供のころは怖くて怖くて・・でもお祭りの出店にはいきたいし・・

逃げ回っては「わぁー!!!」と脅かされ泣いていましたcrying

大人になった今でも・・まぁまぁ怖いです!(笑)



出店といえば、みなさん「東京ケーキ」はご存知ですか?

Toukyoukeki

地元のお祭り以外ではなかなかお目にかかれません・・。

私は東京ケーキを見つけたら必ず買います!!

知らない人も多いみたいですが、おうちのトースターでやけばかりっとふわっとして

ホットケーキのような優しい甘さです♡


お近くの方はお祭りと一緒にぜひ、お楽しみください♪

2016年9月27日 (火)

ほっこり・・

先日、知人から『小石原焼』のコップを頂きましたsign01

すっごく握りごこちもよく、飲み物がより美味しくなって・・・ついつい。

1474933712128

『小石原焼』は朝倉郡東峰村で焼かれている陶器。

最も古い窯元は350年の歴史があり、様々な技法で表現される独特の模様が

施されています。

飛び鉋、節目、刷毛目といった伝統技法で。


シンプルでありながら、独特な雰囲気をもつ小石原焼をもっと知りたいconfident

九州で陶器といえば波佐見焼、有田焼が有名ですが、素朴で温かみのある小石原焼も

これから注目していきたいですshine


Images

和でも洋でも合いそうなお皿。

目で楽しんで、持ってほっこりできて、食事も楽しくなること間違いなしup


調べてみると・・・


なんと作品を見て楽しめる陶器市が朝倉郡で春と秋に開催されているとはsign03

早速10月に行われる陶器市に行ってみたくなりましたdash

2016年9月26日 (月)

ボルダリング

だんだん涼しくなってきましたが、今日の久留米市は夏日が戻ったような暑さです。wobbly

夏の疲れが出やすいこの時期ですがこうも気候の変化があると身体も心も、、ついていくのがやっとですね。。gawk

早寝早起き、フコイダンを飲んで体調管理を気をつけたいと思います。

昨日初めてボルダリングを体験してきました~up

初心者コースを登ってみましたが、スタートの石に張り付くのが精一杯で、、(笑)

次は手足をどこに持っていくのか全身と頭もいっぱい使いましたsign05

なかなかゴールまで行けず何度も下に落ちてしまい難しかったです。

あまりの自分の筋力の無さに愕然としましたがとても楽しめました。

私の登る姿はお見苦しいので息子の写真を載せますね。

Img_20160925_102213jpg3

同じ色にしか手足を置けず集中力も大事でしたsign03

普段使わない筋肉を使うみたいで短時間で汗を沢山かきましたよ~sign03

また、近いうちにチャレンジしてみたいと思いますsign03

2016年9月25日 (日)

中国出張✈︎

久々の中国出張airplane


今回も前回に増して内容の濃い出張となったup


いつもサポートして頂く龍華病院の教授方に

心より感謝したいconfident


そして、フコイダンが一刻も早く龍華病院を

起点として中国全土に広まり、癌で苦しんで

いる方々の希望の光となるよう、精一杯尽力

していきたいと思うrock


总是得到您的关照谢谢confident










2016年9月23日 (金)

秋の燈籠(とうろう)人形祭

秋の行楽、お祭り・・・と、天候の良い日は外に出たくなる季節がやってきました。


今回は福岡県八女市に伝わる「燈籠(とうろう)人形」公演をご紹介したいと思いま


す。燈籠人形とは「からくり人形」の世界で、八女提灯で明るく照らされた舞台、三味


線やお囃子の音に合わせて美しい着物姿の人形が観客の拍手喝采に迎えられて登


場し華やかに舞い踊る・・・世界です。




江戸時代から続く人形舞台公演で、八女市福島八幡宮境内で毎年、秋分の日の頃


に上演されます。今年は、今日から25日(日)までの3日間、午後130分から


夜の公演時間まで一日5回行われます。重要無形民族文化財にも指定されました。




舞台は三層構造になっていて、お囃子のメンバー、からくり人形を操る裏方は通常は


観客から見えませんが最終日の最終公演のみ三層が全て開け放たれて上演されま


す。夜の公演は風情があって見ごたえがあります!


出演者は全て地元の素人の皆さんで、燈籠人形の保存伝承を行ってきた高齢者



から10代の若者です!しかし、若い世代に受け継ぐのも少子化の現況もあり困難に


なりつつあるとのこと・・・。


秋の夜長を楽しみたい方、どうぞ、のんびり、ゆったりと燈籠人形観劇でお楽しみ下さ


い!note
Photo

2016年9月21日 (水)

地黒に朗報♡

私。肌の色が黒いんです(;ω;)

母も姉達も真っ白なのに・・まさかの祖母からの覚醒遺伝です✌

色白の友人と私の手ですΣ( ̄ロ ̄lll)

Img_20160923_100522

どちらが私か、すぐわかりますねっ(笑)


お蔭さまで、日焼けしても赤くなったりヒリヒリすることもなく、すぐ吸収するため

海に行っても全く気付かれませんΣ( ̄ロ ̄lll)

でもやっぱり美白の人を見ると羨ましい・・😿♡

白いと女性らしく、清潔感もあるし、色白は七難隠すといわれております。

どうにかこうにか、白くなる方法はないかと

色々な製品を試したこともありますが、調べた結果・・・



どう頑張っても自分の本来の肌色以上は白くならないようです(/□≦、)

つまり頭皮の焼けていない部分か、お尻の色らしいですchick



肌の色に関しては諦めています。(´・ω・`)

しかし、先日テレビで

「色黒のほうがシミやシワができにくい」と言っていましたearpapershineshineshine



色白の人=生まれつき肌のメラニンの量が少ない

色黒の人=生まれつき肌のメラニンの量が多い



メラニンが紫外線ダメージの修復を助けてくれるそうなので、

色白の人は紫外線に弱く、ダメージをうけやすいのでシミができやすいが

反対に色黒の人は紫外線に強いので、シミができにくいとのこと♡

さーらーに!!色白の人と比べて、ニキビ・毛穴の黒ずみ・目の下のクマが

目立たないとのこと( ̄▽ ̄)



初めて黒いことにメリットを感じましたhappy01‼笑

でもやっぱり色白さんは綺麗で羨ましい・・(≧ヘ≦)✨

2016年9月20日 (火)

この木なんの木?

9月に入って、次々と台風が発生しておりますが、皆様大丈夫だったでしょうか。

台風が来る前にといいながら連休中に大川の家具屋さんに行ってきましたup
お目当ては、オールナットのダイニングテーブル。


展示されているオーク材のテーブルをお好みの木材、それもお好みの長さで

作ってくれるとあって頭の中フル回転dash

Dsc_0028_2


数年前にモンキーポットのちゃぶ台を買ってから、木の家具があるとついつい

何の木??って聞いてさわっちゃいます。

ちなみにモンキーポットとは、日立のCM「この木なんの木 木になる木note」にでてきた木。

小さい頃、この歌口ずさんでましたよねsign05


モンキーポットやオールナットなどの家具は製作した後に経年変化で自然と明るい色に

なっていくみたいです。

不思議ですよね。

自然の力って。
そういうとこが愛着わいて大事にしたくなる理由のひとつなのかもしません。

Dsc_0026
今回はたくさんの木(作品)に囲まれて癒されましたconfident

2016年9月19日 (月)

【空手】大牟田 西村祭り

9月18日に大牟田市制100周年記念プレ事業として開催された、

「西村誠司祭り」に招待され、行ってきましたup

行ってみると、約800名の空手の選手達が、全国はもとより

カナダ、エジプト、ネパール等世界各国から集結しており、

空手の世界との繋がりの深さに感銘をうけましたshine


また、空手は2020年東京オリンピックより正式種目になる

とのことで、もしかするとこの参加者の中からオリンピック選手

が輩出される可能性があると思うと凄く希望のある大会だと

思いますpunch

今回、ゲストには女子空手世界チャンピオンのエリサ氏

わざわざ来日され、セミナーを開催しており、特に女子

選手達には良い刺激になったのではと思いますconfident


空手道のみならず、柔道、剣道等日本古来の武道は、

身体のみならず、精神的な部分も鍛錬される素晴らしい

スポーツだと思いますfuji

個人的には取り組む機会がありませんでしたが、精神を整える

ためにも、是非一度やってみたいと思いましたup(年齢的に

遅いかもしれませんが。。。)

Img_6774
世界各国より集結した空手道の猛者たち

Fullsizerender
海外の選手達の真剣な眼差し

Img_6767
世界チャンピオンのエリサ・アウ・フォンセラ選手

Img_6772
歓迎セレモニーとして「大蛇山」の披露もありました

2016年9月16日 (金)

花火動乱蜂

食べものブログ第4弾といきたい所ですが、、、happy01昨日久留米市山川町で行われた「動乱蜂花火大会」を本日はご紹介したいと思いますsign03

その花火大会とは、、

花火動乱蜂(福岡県指定無形民俗文化財)は、約360年前の江戸時代より伝わる神事で
毎年9月15日に久留米市山川町にて悪疫退散と五穀豊穣を祈願して行われています。

150本の筒に詰められた火薬4500発が一瞬に火を噴き、激しいさく裂音とともに飛び散る様子が、蜂の巣につついた時に親蜂・子蜂が一斉に外に飛び出る姿から連想させるところから騒乱蜂と名づけられたそうです。

C0222861_22432093jpg2jpg3

花火上がる場所の王子池です。

023jpg2jpg4


是非、この爆発音に近い音と光は実際に目で見て欲しいくらい迫力があります。

まさに「動乱蜂」です。

今年は昨日終わってしまいましたが、来年もまた9月15日にありますので

山の中ですが行ける方は是非見に行かれてくださいねhappy01

«食欲 と 梅醤番茶

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ